上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
ただ今、京都は暴風雨となっている。外には出れない。こんなときは読書を。
とまた絵本だが、赤羽末吉さんの絵が素晴らしい。人間のような雀に癒される。

すずめ

「したきりすずめ」 石井桃子 画・赤羽末吉 福音館書店

昔話は裏にメッセージが秘められていて、いいものだ。ユニークさもありホッとする。
眉間にしわを寄せている大人に読んでほしい絵本かも。
スポンサーサイト
2012.09.30 / Top↑
ワハハハと笑える絵本。これは痛快だ!

へっこきあねさ 2

どちらも同じ民話だけれど、絵と文に個性があり楽しい。

「へっこきあねさ」長谷川摂子 絵:荒井良二
 独特のタッチの絵が笑いを倍増してくれる。荒井さんは絵も人柄も素敵。

「へっこきあねさがよめにきて」大川悦生 絵:太田大八
 日本昔話のような文と絵。美しく素晴らしく味がある。いいものに出会えた。
2012.09.29 / Top↑
東向きの家の横窓は今こんな状態に。
すだれ越しに斉藤和義さん。

和義

新曲の「ひまわりの夢」が気に入ってよく口ずさんでいるが「後悔なんてクルクルポイだ〜♪」のところを「後悔なんてクルクルパ〜だ♪」と歌っていた。
溶けてしまうよ♪ チョコレートアイスクリーム♪
ちょいと変わったPVがあった!
大杉蓮主演PV

大杉蓮さんは和義ファンなのだろうか?
この曲を聴く度にチョコレートアイスクリームを食べたくなるなぁ。チョコパフェもいいなぁ。
2012.09.28 / Top↑
久々の映画鑑賞はcocon烏丸の京都シネマにて。

京都シネマ1

小さな映画館だが、いい映画をやるのでお気に入り。
さて本日観た映画は、この中のどれでしょう?

京都シネマ2

答えは
「コッホ先生と僕らの革命」ドイツ 
監督:セバスチャン・グロブラー 主演:ダニエル・ブリュール

19世紀末のドイツの学校は厳格な授業体制で、体操と秩序が重んじられていた。そこにイギリス人が英語教師として赴任し、子供たちに笑顔で接し、サッカーを通して英語を教え、信頼関係を築いていく。

サッカーは今ではドイツで最も人気のあるスポーツだが、この頃は野蛮なものと嫌われていたそうだ。そこに勇気あるコッホ先生が、学校にサッカーを広めて革命を起こす。

ドイツ映画は真実を元にした社会的なものが多いがこの映画も本当の話。主演のダニエルと生徒たちがとてもいい。私はドイツ映画「白バラの祈り」を観て、感銘をうけドイツに興味を持つようになり、ドイツ語の勉強をはじめた。日本人とどこか通じるところがあるドイツ人。私の夢の一つはドイツへ行って、ドイツ人とドイツ語で話すこと。勉強しなきゃ。
2012.09.26 / Top↑
鴨川で釣りをするおじさん。何が釣れるのだろう?
「おじさ〜ん、釣れますか〜〜〜?」

つり

と声をかけたくなるが、私は橋の上。

つり2

おじさんは孤独な釣り人なり。
2012.09.25 / Top↑
荒神口のパン屋さん「ボンボランテ」

ボンボランテ1

右の方にガラス越しに見えるのが大きな石釜。

ボンボランテ2

朝食用にバケットを。噛めば噛むほど味わい深い感じだった。
2012.09.24 / Top↑
「うさぎパン」著:瀧羽麻子 幻冬舎文庫

うさぎパン

パン好きの高校生になったばかりの優子と富田くん。パン屋巡りをしているうちに恋心も芽生えたり、ほのぼのとした情景が目に浮かぶ。優子の家庭教師の美和ちゃんがとてもスパイスのきいた存在で面白い。大学で物理学を研究しているとは思えないほどキュートでのほほんとしている。
読後感がとてもあったかくなる一冊だ。おすすめ◎
2012.09.23 / Top↑
やっぱり誕生日には丸いケーキがないと気分が出ない。カフェ・ハルディンの特製デコレーションケーキを。メロンづくしで爽やか〜。

ケーキ1

カトラリーも誕生日用のものを使って美味しさ倍増。

ケーキ2

スペイン料理のカフェ・ハルディン。今日はお彼岸のため、墓参りのお客さんでいっぱいであった。

ハルディン
2012.09.22 / Top↑
今日の鴨川。おっちょうど飛び石が。ちょいと飛んでみよう。

飛び石1

前を親子が飛んでいく。

飛び石2

けっこう幅がある。ちょいと危ない! しかし後には戻れない。

飛び石3

わっカメザウルスだー。ギャー。

飛び石4

よし、仲間の頭を踏んじゃって。向こう岸へ無事着地。
と一人遊びをする私だった。
2012.09.21 / Top↑
丸太町通りにある杖の専門店「つえ屋」の暖簾も素敵だけど

つえや

ドアの取っ手も素敵すぎ。

つえや2
2012.09.20 / Top↑
本日誕生日につきイタリアンランチでお祝いを。府庁前にある「クッチーナ・クラモチ」へ。
パスタランチをいただく。まずは前菜。

くらもち1

奇麗な色合い。お米のサラダが初めての味わい。
続いて手作りパン。

くらもち2

ほっかほかで美味しいフォカッチャとぶどうパン。
そしてメインは、トマトと野菜の冷製パスタ。

くらもち3

トマトソースがすごくからんでいて、いいお味。焼いたコーンや枝豆、キュウリ、インゲンといろんな野菜が入っていて嬉しい。デザートは梨のシャーベットとパッションフルーツのババロア。

くらもち4

シャーベットが口当たりがよくて絶品! 飾り付けもおしゃれ。
あとは紅茶に一口お菓子が。

くらもち5

女子が喜びそうな一品だ。
この日は女子会の主婦団体がいて、もうそれはそれは大きな声でしゃべっておられた。
店内照明が落とされて落ち着いた雰囲気なので、何だかそぐわない人たちであった。
でも美味しいものを食べて祝えて満足のランチであった。
2012.09.19 / Top↑
連休中、もう大丈夫かなと清志郎さんの映像を見てみたら、やっぱりウルウルきてしまった。(スローバラードで)
最後のコンサート(京都会館)でもらった手ぬぐい。再復活したときに部屋にド〜ンと飾ろうと思ってたのだけれど…ジッと眺めてまたしまってしまった。

清志郎

ファンによるコピーバンドが歌っている場面が放送されたが、ボーカルはみんな女性。
聞いていて、私の方がもっとええ感じで歌えるとスローバラードを思いっきり歌ったら、声がかれてしまった。
もっと練習しなきゃ。えっ?
2012.09.18 / Top↑
今日も朝読。単行本なので、ブックカバーは恵文社のもの。使いすぎてボロボロだけど。

カバー

朝読をして気づいたが、朝に本を読むと言葉がスーっと入ってくる。夜読むのと気持ちの捉え方まで変わってくる気がする。朝のつまらない情報テレビ番組よりも数倍面白い。
2012.09.18 / Top↑
何だかお菓子を食べてばかりだけど、これも夏バテ防止&リフレッシュの一つにしておこう。
イカリライクス製のコーヒーゼリー。とろりと口当たりがよく、スッキリ。

IMG_0144.jpg

お皿はカフェ・サンナミジで買った昭和の食器。スプーンは奈良で買った新潟製の笑うスプーン。
2012.09.17 / Top↑
三河屋の栗でっち羊羹を。あっさりもっちり美味しい〜。

ようかん

まだ残暑が続くのに最近よく食べる。これから食欲の秋なのにどうしましょ。
2012.09.16 / Top↑
おやつに高知アイスの黒蜜バニラを4分の1とミントティーを。

DSC_0008.jpg

アイスのあとにミントティーを飲むとよりハァーっとしてしまった。
そしてお茶を飲みながら本を。

DSC_0010.jpg

読書に夢中になると飲むのを忘れてさめてしまった。
2012.09.16 / Top↑
『シンデレラ』 マーシャ・ブラウン 福音館書店

シンデレラ

シンデレラにもいろいろあるけれど、1969年に発行されたこの絵本の絵が素敵。
ちょっと大人っぽくもあり、ユニークさもあり、マンガチックでもある。
2012.09.15 / Top↑
京都力を楽しむ雑誌『月刊京都』10月号ただ今発売中!

kyoto10.jpg

人気イラストエッセー「小酒句未果の京都ぷらっと日記」は
『京都芸術センターでゆるやかタイム』 私の好きな場所の一つである。
2012.09.14 / Top↑
夏の和菓子の食べ納めとして 船屋秋月の「水まんじゅう」を買いに行った。ここの和菓子はどれもあっさりとして美味しい。表の看板でいつも季節のお菓子を確認できる。

IMG_0117.jpg

今日も猛暑の京都だけれど、見た目も涼しげで季節の和菓子はよいですなぁ。

水まんじゅう
ぷるるん。
2012.09.13 / Top↑
朝食後、気が向いたので
少し本を読んでみた。名付けて「朝読」。読んでみるとけっこう頭に入ってくる。
ネットで本を読む人もいるけれど、私は本を眺めたり、質感を楽しむのが好きなのだ。
ムードも盛り上げようと文庫カバーをつけてみた。
文庫カバー
2012.09.12 / Top↑
雑誌「PHP」10月号 本日発売!



イラストエッセーが掲載されてます。
タイトルは『古代ロマン、山の辺の道ウォーキング』
編集部のU嬢と一緒に奈良の山の辺の道を歩いてきました。結構ハードで珍道中でしたが楽しかったです。
200円で全国発売中です。どうぞよろしく!

php2.jpg
2012.09.10 / Top↑
「てのひらの父」 大沼紀子 ポプラ社

てのひらの父

女ばかりの下宿屋にある日、突然強面の男性の大家さんがやってくる。最初は戸惑う下宿人たちだが、次第にそれぞれが触れ合うようになり、心が繋がっていく話。

20代〜40代の世代が違う女下宿人の日々と変わりゆく様が面白い。そして人情味あふれる大家さん。ドラマにすればいいなぁと思うが、強面の大家さんは誰がいいだろう?
渡哲也では年配すぎるし、松田優作がいいと思うがいないし、誰かいないかなぁ。
2012.09.06 / Top↑
最近、近所でよく見かける猫じゃらし

猫じゃらし

見るだけでクシャミが出そうだ。
2012.09.02 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。