上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
嵯峨野の静かなお寺で開催された「たねまきカフェ」というイベントに参加してきた。

130506たねまき

こんな素敵な参道を通って目指すは厭離庵というお寺。

130506たねまき2

新緑が美しいこの季節。ウグイスが盛んに鳴いていた。
イベントの内容は上映会とお話と交流会。
上映会は「シェーナウの想い」〜自然エネルギー社会を子どもたちに〜
ドイツの南西部。黒い森の中にある小さな町で、市民の力で電力供給会社を立ち上げた軌跡を綴ったドキュメント。これは住民の力で不可能なことを可能することが出来ると証明してくれる話。無関心はあきらめと一緒ということをわからせてくれる。

お話は関西大学准教授の朴勝俊さんと緑の党共同代表の長谷川羽衣子さんの「どうしてドイツは脱原発できたの?」
お二人はご夫婦。どちらの話も分かりやすく明確。
私はぜひとも長谷川羽衣子さんという人に一度会ってみたかった。
どんな人かと言うとこんな方。

130506たねまき3

スレンダーでピンクのショールがチャームポイント。見識の深いユーモアのある素敵な方だった。何よりも言葉に濁りがない。目にも濁りがない。(これは重要なポイント。目に濁りがあるおじさん権力者がいっぱいだから)
「これから新しい日本を作って行くには女性の力が大事」と語られた。

130506たねまき4

交流会ではタローベーカリーさんのパンやお菓子をメインに。いろんな方からの美味しい差し入れも。どれも美味しくてお腹いっぱいになってしまった。

羽衣子さんと直接お話することも出来てよかった。やはり映像で見るよりも人柄、信用性を確信出来る。対話って大切だなぁ思った実り多い会だった。日本は今、女性力発揮のときが来たのです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村
2013.05.06 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kosake.blog.fc2.com/tb.php/201-8ff6b1cf

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。