上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
北嵯峨高校プチ同級会。卒業して以来、初めての再会。
嵯峨の創作会席「旅籠屋」に女子4人が集まった。

お店は再会メンバーの1人の旦那様経営の店。
豪華で手のかかった料理に舌鼓しながら遠い記憶を蘇らせていった。
ではその八月の創作会席をばご紹介

一 旅籠屋たまご「惜しむ夏」

130815旅籠屋1

ほおずきの中にハモや枝豆が。

一 万願寺唐辛子とフォアグラのハーモニー

130815旅籠屋2

でっかい唐辛子の中から出てきたのはフォアグラにご飯。
フォアグラなんて、とんと食べてないのでどういう味だか忘れてしもた。和とフレンチの融合でありんす。

一 経営者の奥様の同級生ということで1品お刺身をサービス

130815旅籠屋3

苦手の甘エビが甘くてつるんと入っていった。大きな岩塩が美味しい。

一 究極のビシソワーズ「旅籠屋風」

130815旅籠屋4

ビシソワーズって何だっけ? テレビ番組「ゴチになります」で行くような店の料理名だなぁと心の中で思いつつ、スプーンですくいとると、アイスのように冷たい。初めての味わいである。

一 梨のプティボール

130815旅籠屋5

梨のアイスだと思ってつつくと固い。えっ? あっそうか梨そのものだった。ゼリーと一緒にお口直し。
次はメイン

一 豚フィレ肉のクレビネット包み焼き オレンジの香り

130815旅籠屋6

クレビネットって何だろうと思って頼んだが、見ても食べてもわからへん。お肉がとても柔らかい。

一 麦とろ御飯 香の物
なぜだかこれだけ写真を撮るのを忘れたが、茄子やキュウリの漬け物、梅干しとともに食べるととても美味しい。

一 抹茶パフェとフルーツ

130815旅籠屋7

4人分盛られたところが美しい。小豆に白玉も入ってる。

一 焼きプリン 珈琲

130815旅籠屋8

パリパリと割って食べるクレームブリュレが楽しい。
やはり締めはブラックホットコーヒー。締めはこれが一番と最近覚えたのである。

とこんな豪華なランチを食べるのは久しぶり。
満足満腹でござりました。

持つべきものは同級生。最近、わかった教訓のひとつ。
これも「京都ぷらっと日記」が呼んでくれたご縁なのである。
おいしゅいご縁でありました。ありがとう、ヤッチン、ミチュ、ヨコ。

旅籠屋
http://www.hatagoya-kyoto.com/

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村
2013.08.18 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kosake.blog.fc2.com/tb.php/275-cf0b26fd

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。