上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
美術館「えき」で大西清右衛門 茶の湯釜の世界を観賞
正月に見る芸術としてはピッタリ!

140105茶の湯釜

渋くて無門感な私にはわかりにくい世界だろうと思いきや、
「何だかいいではないの」と茶釜に惹き込まれていった。

千利休好みの作品も並び、利休の審美眼も感じることが出来た。
やはり、昔の釜のつややかさに目がいく。

140105茶の湯釜2

日本の文化にはまだまだ素晴しいものがあると知った日なのであった。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村
2014.01.05 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kosake.blog.fc2.com/tb.php/381-3d37ff22

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。